2009.01.21 17:30

上品カラーの極めつけは
"淡色(あわいろ)"×"ロイヤルブルー"

では、
EZIO MANCINIエッツィオ・マンチーニさんの
冬の着こなし2回目を拝見いたしましょう。

どうぞ。

エツィオ2-2全身コート.jpg

コーディネートアイテムは
・ライトベージュのコットンウールのダブルコート(ボリオリ)
・ロイヤルブルーのジャージカシミアのダブルジャケット(ボリオリ)
・白のシャツ(クリスティアー二)
・グレーのドットタイ(ロダ)
・ライトグレーのウールパンツ(PT01)
・黒のダブルモンクの靴(サントーニ)
・手に持ったグレンチェックのストール(ドゥルモア by マリネッラ)


“ロイヤルブルー”のダブルジャケットを主体に
他のアイテムを淡色(あわいろ)でまとめた、
極めて上品なスタイルです。

ライトグレーのパンツとライトベージュのコートの
淡色コンビネーションは、今までになかった提案。
極めて上品に見えるのですね。

淡色はリッチに見えるカラーなのですが、
なぜかというと、濃い色のものと比べて、
シワやドレープが目立つ。
このとき、素材の善し悪しが浮き立つのです。
ゆえに、ショボい素材はショボく、
良い素材は良く見える。
なので、良い素材が良い素材だと分かりやすいのです。
(ショボい素材ではリッチに見えませんよ)


コートを脱ぐと、こんな感じ。

エツィオ2-2全身.jpg

トレンドが上品傾向の中、
“ロイヤルブルー”は要注目のカラー
ダブルというのも、よりリッチに見えるのですね。

ちなみに、このボリオリの
ロイヤルブルーのカシミアジャージのジャケットは、
イタリアで、ものすごく売れたそう。
くしゃくしゃになるほど柔らかいとか。


さて、そんな上品コーディネートですが、
そこはエッツィオさん、“やんちゃ心”を忘れておりません。

第1回目のスタイルでもご紹介しましたが、
上品スタイルの中に散りばめた
“無造作”余裕見せテク」が、
エッツィオさんの真骨頂なのですね。

では、そのテクを見てまいりましょう。

まず、“ポケグローブ”

エツィオグローブ全身.jpg

ちなみに、エッツィオさんの愛車は、
ご覧の「ジャガー XJS」です。


コートのポケットにグローブを”無造作“に突っ込むテクニックです。
コートにチーフは“やり過ぎ”ですが、
グローブであれば問題ナシ。
指の側を見せるように突っ込んで、アクセントに。
 

そして、タイは
ライトグレーのカシミアニット。

エツィオ2-2タイ.jpg

なんとなく、“靴下”を思わせますね。


刺繍で作られたカラフルなドットが、
胸元のポイントとして“可愛い”のですね。
 

そして第1回目でもしていた、
“手作りボールチェーン”付け

エツィオ2-2チェーン.jpg

前回は青でしたが、今回は白の石を使ってます。

“お茶目”を演出できるテクニックです。
ちょっと“おみやげ”っぽい雰囲気がいいのですね。


着けた時計は「ショパール ミッレミリア」

エツィオ2-2時計.jpg

ストールはトレンドのグレンチェックを選択。


ラバーバンドのステンレスモデルが、
上品なカジュアルスタイルにスポーティーで
“やんちゃ”なアクセントになっております。
 

で、足元はエツィオさんお得意のテク、
“ダブルモンクのバックルひとつハズシ”

エツィオ2-2靴.jpg

黒のダブルモンクもひとつハズシで。
 

この脱力無造作感が、
上品な中に“余裕見せ”として、極めて効果的です。


とにもかくにも、
本日のコーディネートのキモは、
淡色(あわいろ)×ロイヤルブルーで“極上”上品、でございます。

ご参考まで。
 

「やんちゃMEN in Italy」の一覧はコチラ

 

すべての動画は、KISHIDA CHANNELご覧いただけます。

ただいまKISHIDA DAYS(キシダデイズ)会員募集中(無料)!

前の記事へ